給湯器の寿命

給湯器の寿命

お風呂、洗い物などに欠かせない存在である給湯器。
何気なく使っていますので、あって当たり前の存在となっている方も少なくはないでしょう。
そのためいざ給湯器が壊れてしまい、お湯が出なくなってしまった場合日常生活に支障が出てしまう方がほとんどです。

ではこの給湯器、計画的に毎日使い続けるために把握な必要なこととして代表的なのは、やはりその寿命ではないでしょうか。
この寿命なのですが、設置位置によっても大きく変わり、その設置環境によって使い続けることでどの部位に負担がかかるかも変わってきます。
給湯器は大体が室外に設置し手あるものとなっていますので、雨がかかりやすい場所や埃が溜まりやすい場所にあると、
湿気の影響でその寿命は短くなる場合も多々あります。

室外に設置するということで雨水対策に排水ドレンも備え付けられていますが、適切な位置でないと本来の働きはしてくれない為確認しておくとよいでしょう。
また、配管を使用済みの風呂水などが通りますので、入浴剤なども劣化の原因ともなります。
小さな腐食となりますので、すぐには影響が出ないものの、全く入浴剤を使用しない家庭よりも寿命が短くなってしまうことは予想されます。

また、一般家庭では少ないケースかもしれませんが、井戸水や温泉水などを利用している場合も注意です。
水道水にはない成分を多く含まれているそれらの水は、利用にあたり人体にいい影響を与えることも多いのですが、
配管の問題を考えると劣化の原因になりやすいとも言われています。
配管への負担を減らす為にろ過器の利用を行うところもあるかもしれませんが、ろ過装置のほうが高額ということもあり、
寿命と割り切る方のほうが多いようです。

これらの劣化を重ね、寿命のサインもあり、たとえば給湯温度が設定値のように行かない、また温度が一定でない、給湯器から異音がする、湯量が少ない、
エラーコードが頻繁にでるようになる、煙が出てしまうなどのサインがあるようです。
使用していてわかりやすいサインなので、これらの異変に気付いた場合、給湯器の交換をするほうが安全です。

ちなみに、給湯器の寿命は約8~10年となっています。
これは無駄な負担をかけずに経年劣化だけ考えた年数なので、ほとんどの家庭がこの年数よりも短い間に給湯器の寿命を迎えることになるでしょう。
またこの寿命というものは壊れてしまう年数というわけではなく、メーカー側に部品がなくなる年数といわれています。
実際10年以上使い続けていても問題なく稼動している機器もありますが、
この年数が経過すると日々新しい商品を生み出しているメーカー側が部品の生産を中止している場合もあるのです。

修理すると問題ない場合でも、部品がなければ修理の手段がないため、そのまま給湯器交換ということになります。
運よく部品が見つかった場合でも、その箇所をたとえ修理したとしても他の箇所が続けて壊れてしまう場合もあり、
また修理に出さなければならない例や、また修理費のほうが高額になるケースも多いので、業者側も手軽に済む新品との交換をオススメしています。
毎日使うものということもあり、突然のストップは日常生活に大きな影響を与えてしまう給湯器、室外に設置しているということで
なかなか気付きにくいかもしれませんが、必ず寿命が近づくとサインがあります。

そのサインを見落とさないように新品の給湯器の手配をすることで、日常生活に影響なく利用できます。
というのも、今現在まだサインだけで終わっており、まだ大丈夫と思って使い続けていると、いざ壊れたとき運が悪いと
給湯器取り寄せから始まってしまうとそれなりの日数、お湯なしの生活を強いられることになるためです。

即日対応可能ですと半日程度で済む工事となっていますので、前兆が現れたらもったいぶらずにすぐに業者への対応をお願いすることを推奨しています。


給湯器
石油給湯器

リンナイ 給湯器

ノーリツ 給湯器